Twitterの伸ばし方をYouTubeで公開中!! 詳しくはこちら

イラストの毎日投稿に意味はない!

イラストの毎日投稿は意味がない?
見習い絵師しーちゃん

先生。筆が遅くてイラストをなかなか投稿できません。

あーる

なるほど。

見習い絵師しーちゃん

少し雑なイラストなら毎日投稿できるかもしれないんですけど

あーる

毎日投稿なんてやめた方がいいよ!

記事内容

  • なぜイラストの毎日投稿は意味ないのか
  • 毎日投稿の意味とは
  • ベストな投稿頻度とは

この記事の筆者

兼業イラストレーター(あーる)のプロフィール

そもそもなんのために毎日投稿を目標にかかげるのでしょうか。

Twitterに投稿するのだったらいいねをもらいたいとかフォロワーを増やしたい等、たくさんの理由があると思います。

イラストを毎日投稿することを目標に頑張っている方をよく見かけます。
ですが、Twitter上でフォロワーを伸ばしたりいいねを獲得したりすることにおいて毎日投稿は全くの無意味です。

実は過去に実際に毎日投稿をしてみたことがあります。そのなかで得た経験をもとにイラストの毎日投稿が無意味な理由、それからベストな投稿頻度について解説していきます。

目次

なぜイラストの毎日投稿は無意味なのか

なぜイラストの毎日投稿は無意味なのか

イラストの毎日投稿がなぜ無意味なのかというとそれは肝心のフォロー、いいねに結び付かないからです。
この章では毎日投稿がなぜフォロワー、いいね増加に意味を成さないのかについて解説していきます。

クオリティが下がる

限られた時間でイラストを描くためには描くスピードを早くするか、クオリティを下げて早く描き終えるかの2択しかありません。
前者は一日二日で習得できるものではないので、必然的にクオリティを下げて早く描くようになっていきます。

これはいいねされないイラストの特徴で紹介した【丁寧じゃない】に該当してしまいます。

これが実際に毎日投稿していた時期のイラストと同時期に描いた一枚絵の比較になります。

⇦毎日投稿                      十数時間かけた一枚絵⇨

毎日投稿時と一枚絵の反応の比較

ここまで違うとみる側も「やる気なくした」「下手になった」と思ってしまうかもしれません。
毎日投稿するためにクオリティを下げた“という投稿者の都合はみる側には一切関係ありません。

固定のファンしか反応しない

《固定のファン》というと聞こえはいいかもしれませんが、外部への拡散によって伸びていく性質を持つTwitterでは固定のファンのみの反応になってしまうのはあまり好ましくありません。

ファンは大切ですが、無理くり毎日投稿するイラストはファンサービスにはならないことを肝に銘じておきましょう。

資産にならない

フォロワーを増やす方法いいねされないイラストの特徴でもお話している通りイラストは一度投稿したら終わりではなく、再掲をすることでフォロワーを増やしたり、いいねを獲得したりすることができます。ですが、毎日投稿のようにクオリティが下がってしまっているイラストでは再掲した際の伸びが期待できません。


つまり、毎日投稿は毎日の流れのなかで意味を持つだけで再掲のように一枚だけでの効果は限りなく少ないのです。

フォロワーはそんなに減らない

サブアカウントのプロフィール画面

このサブ垢は数ヶ月間放置しています。
はじめのうちは数人ずつフォロワーが減りましたが2,3ヶ月を過ぎた辺りからほぼ横ばい状態でした。

放置アカウントのフォロワーの推移

多少の減少はあれど投稿が少ないことによるフォロワーの離脱はそこまで多くありませんでした。
つまり投稿頻度とフォロワー数の増減はそこまで深く関わっていないと言えます。

見習い絵師しーちゃん

なるほど。焦って投稿しなくても大丈夫なんだね!

なにを目的にイラストの毎日投稿をすべきか

何を目的にイラストの毎日投稿をすべきなのか

フォロワーを増やしたり、いいねを獲得したりすることはできません。
ですが、今まで毎日投稿をしてきた人は全くの無意味だったのかというとそうではありません。

イラストの毎日投稿にもメリットは存在します。
実際に毎日投稿していた経験をもとに毎日投稿のメリットについて解説していきます。

イラストを描く習慣が作れる

イラストを毎日描くという習慣を身に付けることができます。
まだイラストをはじめたての方はイラストを描く習慣作りのために毎日投稿に挑戦してみるのもいいかもしれません。

実際に毎日投稿をしていた時期はイラスト活動のウォーミングアップ的な要素がすごく大きかったように感じます。
【とりあえずなんか描く】で始められるのはイラスト活動歴が浅い方にとっては敷居が低く参入しやすいかなと思います。

筆が早くなる

限られた時間のなかで作業を終わらせなくてはいけないため毎日投稿を続けているとイラストを描く際の効率がどんどん上がっていきます。

さらに毎日描き切ることでイラストの完成までの工程を頭にインプットすることができるので描いている最中迷うことが少なくなります。
実際に筆者自身も毎日投稿を経て作業時間の大幅な短縮につながりました。

資料やイラストをみる力がつく

速く正確に描かなくてはいけないので資料やイラストを参考に描くことも多くなりました。
資料やイラストを毎日見て描いていたことで、みたものを的確にイラストに落とし込めるようになりました。

クロッキーやワンドロ等の短い時間で描く練習法でも似たような効果が期待できると思います。
ですが、毎日投稿のほうが実戦に近い感覚で取り組めるのでその分効果は大きかったかなと思います。

活動をアピールできる

毎日投稿することでTwitterのアカウントがイラスト垢であること、現在進行形で活動していることを毎日アピールすることができます。
活動していることを知ってもらうことでアクティブユーザー(反応のあるユーザー)の減少を防ぐことができます。

見習い絵師しーちゃん

目的と手段が入れ替わらないようにしないとね!

ベストな投稿頻度とは

ベストな投稿頻度とは

毎日投稿が無意味ならどのくらいの頻度でイラストを投稿すべきなのでしょうか。
最高のクオリティを毎日投稿できるなら毎日が一番いいのは確かですが、理想論です。

この章ではベストな投稿頻度について解説していきます。

投稿頻度はフォロワーやいいねを増やすうえで重要ではありません。
ですが、アクティブユーザーは数字には表れませんが日々減少していきます。

なので強いて言うならイラスト垢として活動していることがユーザーに伝わる週1~2回程度の更新がベストでしょう。
週1~2投稿であればアクティブユーザーの離脱を最小限に抑えられます。


実際の投稿間隔↓



週1~2回の更新では毎回新規のイラストを上げる必要はなくラフ、途中経過、完成等の完成までの過程や、差分、再掲を混ぜても問題ありません。

あーる

要は活動していることがわかるツイートであればなんでもOK!

まとめ

  • イラストの毎日投稿はフォロワー、いいねを増やすうえでは意味がない
  • 毎日投稿はイラストの練習、活動のアピールには有効
  • ベストな投稿時間は週に1~2回程度

これらの経験からイラストの投稿頻度は重要ではないことが分かったかと思います。
なので皆さんも焦らずマイペースにしっかりとしたクオリティのイラストを投稿するようにしましょう!

見習い絵師しーちゃん

マイペースでいいんだ!なんか一安心!

イラストの毎日投稿は意味がない?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると泣いて喜びます
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あーるのアバター あーる 副業イラストレーター

副業、兼業イラストレーターのあーるです。
副業ですがイラスト関連だけで毎月安定して10万ほど副収入を得ています。

‐経歴‐
イラスト歴3年半
使用ペイントソフト clipstudio paint pro
Twitterフォロワー 1.5万人
過去最高いいね数 3.3万超え
YouTube総再生回数 11万

目次