肌の塗りについて


 肌の塗りはイラストにおいて非常に重要なポイントなので

 みなさんもぜひ この記事をみていたでいて マスターしていただけたらと思います。



このイラストになるまでを紹介していきます!

肌の塗り練習


動画も参考に!


  ひとことで肌の塗りといってもその方法はたくさんあります。

厚塗り、グリザイユ、ギャルゲ塗り…etc

本当にたくさんの塗り方がありますが、今回はブラシ塗りで塗っていきたいと思います!


そして、最終目標がこちらのイラスト

この動画をみてくれている全員が

この塗りができるように細かく解説していこうと 思います。

最近解説動画とか、 神絵師さんのライブ配信なんかをよく拝見させて頂いているのですが

『なんかいい感じに塗って、いい感じに整えて、いい感じに仕上げます。』 みたいのが多くて

『いい感じってなに!?』ってよくなってました。

なので今回は『いい感じって何!?』 って言う人を一人でも少なくするために

この動画では 何を思い何のために 何をしたのか をできるだけ細かく、且つわかりやすく解説していきますので

少し長くなりますが、最後までお付き合いください!



それではまず、肌の塗り全体のザックリとした工程とレイヤー構成、ペンの設定について解説していきます。


 ザックリとした工程ですが


1肌のベースカラーを塗る

2 その上にカゲ足して立体感を出していく


 この2工程のみとなります。


次にレイヤー構成がこちらです。

肌2


ベースカラーもあわせて2~3枚で塗ります。

 一枚絵として完成させる時は全体に効果レイヤーをー肌レイヤーに乗せることもありますが

基本はこのレイヤー構成で 描いています。

レイヤーは何枚重ねてもいいですが、あまり細かく分けすぎるとPCが重くなるので注意ましょう!


次に今回使用するペンが

誰でもできるようにデフォルトで装備されているペンを使用します。



使用するペンはGペンツール

エアブラシです

設定は


ペンの方が不透明度100%

エアブラシの方が不透明度40%にしてあります

そのほかは特に変更していないのでみんなも同じ設定でチャレンジしてみてください!




ではいよいよ肌を塗っていこうと思います!


まずベースカラーを決めます。ベースカラーを決めるときは

イラストの印象、雰囲気に気をつけましょう。

 例えば『海ではしゃいでいる女の子』を描くとします。

 その時、色白の子と褐色の子と どちらかで 言ってたらどっちがイラストの印象、雰囲気に合っているでしょうか? 褐色の子ですよね。

このように、場面にあわせたベースカラーというものがイラストの印象を大きく左右するので、ベースカラーは

完成イメージを ハッキリとさせてから決めると雰囲気を壊すことなく 描き進められます。



ベースカラーが決まったらその上にレイヤーを追加ます。

 追加したレイヤーを選択して四角が重なっているマークをクリックすることでベースカラーレイヤーにクリッピングします。



説明しよう!クリッピングとは

下のレイヤーの描画範囲内をはみ出すことなく上から 塗ることがべきるようになる

スーパー時短テクニックなのである!


クリッピングしたそのレイヤーに影をが描き足していきます。

影の色はベースカラーよりすこし赤めの暗い色をとります


カラースライダーで 表わすと

ベースカラーがここにあります。

スライダーの一番上.(色相)を左にずらし、赤みのある色まで持って行きます

 次に2段目(彩度)を右にずらし、彩度を上げます

そして3段目(明度)を左にずらし明度を下げます。


RとCがよく使う彩度と明度は

彩度70~80%

明度90%~100%

くらいがいつも使う基本的な影色になります。


影色が決まったら肌のなだらかな凹凸を意識して塗っていきましょう


はい、ここがわからないポイントですね!


意識ってなんだよって感じですね(笑)


ここから細かく具体的な描き方の解説になります。


まず光源を決めます。


肌4




光の位置によって影の位置も決まるので影の位置を把握するためにも

はじめに決めましょう

今回は左上に決めました。

左上に光があれば、とうぜん右下に影が落ちますよね

なので体の右下部分に影を ペンツールでハッキリと描いていきます。



ブラン塗りなのにペン?と思ったかもしれませんが これは。肌の複雑な凹凸を表現するのに大切なことなんです。肌の影はハッキリした部分とぼけてる部分 が入り交じっています。それによって肌もとより人体の

筋肉、脂肪、骨等などを表現するのです。

その中のハッキリと描かれていま影の部分をペンツールで 塗ってっているのです!

 ペンツールで影を描いたら、エアブラシでボカシていきます。



肌3
 


ボカす時はペンで描いたもの全てをボカすのではなく

光源から逆方向に だけボカしましょう。

そしてボカしている合間にブラシサイズを小さく変更し

筋肉のスジにあたる部分を描き加えます。


この時はまだ

エアブラシの線という風にみえて いて大丈夫です 後々ボカすので!

エアブラシでセンを入れる部分は、胸、脇、へそ、 腹斜筋、この4つに忘れず線を入れましょう


ワキはおっぱいとつながる線、体とつながる線。背中につながる線の合計3つで表現されています。

ですが、背中につながる線は線画によって描かれているので

今回はおっぱいにつながる線と体につながる線の2つを描き加えます。


次にへそです

へそからみぞおちまでの腹筋の縦線を描きます。

次に腹斜筋です。腹斜筋と腹筋の 位置関係はこうなります。

この腹斜筋と腹筋が 隣あっているこの部分に若干の溝が発生するのでこれにそって線をひいていきます。

これと同じ原理でおっぱいのベ付け根にも線をひいていきます。

エアブラシ線をひきおわったら


次に肌の丸み表現していきます。

肌の丸みを表現するためにベースカラーよりも 彩度を下げ、明度を上げた色をとります


彩度0%~10%

明度100%


設定した色を光源に近いところに入れていきます。 一度の塗りで立体感はでないので、現在の色より

彩度を2~3%下げて同じところを塗ります。この工程を 2~3回程繰り返します。

この時、エアブラシ線も 同時にボカすように塗っていきます。

後々にまわすとうまく色がとれなくて立体感を損なう可能性があるので注意です。



最後にハイライトを

彩度 0%

明度 100%

の白で加筆するので、肌の塗り時点では彩度を下げすぎないように注意しましょう



次に最後の工程です。

ハイライトを肩、へそ、太もも、おっぱいに追加します。

エアブラシの不透明度も100%に戻して ハッキリわかるように描きます。

点ではなく、点をうったあとに肌の形に添って下方向のスライドさせると 立体感を増すことができます。


ここまできたらあとすこしです。


もう一枚同じようにレイヤーを追加します。

追加したレイヤーの不透明度を40~ 50%にまで落します。

 ペンツールを使って、いわゆる落影を大きく描き足していきます。

色はベースカラーよりも

彩度を低く、明度を高い色をとりました。


彩度 50%

明度 90%


落影は主に首~鎖骨まで(頭髪でできる落影)おっぱいの下(おっぱいによってできる落影)脇の下(肩や腕によってできる落影)股下(体全体によってできる落影) この4つを描き加えます。 


全て描き加えることができたら 

今度はエアブラシで赤みのある色をとって、落影の縁の部分を影側になぞっていきます。


これは 光が完全に当たっている角度と完全に影になっている角度の中間点において固有色の彩度が最も高くなる という原則にもとずくものですが固有色(ここでいうベースカラー)に

こだわる必要はないので、自由に塗っていきましょう!


最後にすべてのレイヤーを結合してその上から塗って線画を消していきます!

はい!

ということで

本日ゴールのイラストにたどりつけました。




肌の塗り練習

少し長くなってしまいましたが、どの教本や動画よりも 細かく具体的に解説できたかなと思います!

肌の塗りをマスターして素敵な魅力あふれるイラストをたくさん描いていきましょー!!

それではまた次回の記事まで      



バーイ